子宮内膜症の検査方法

子宮内膜症という病気がありますが、これは子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、多くの場合は卵巣や卵管の近くに出来るそうです。
また、稀に肺などに出来るケースもあります。
子宮内膜症の原因は他の女性特有の病気と同じで、まだはっかりわからないのですが、近年、女性特有の病気の罹患率が高まっており、ストレスとの関連性も指摘されています。
子宮内膜症は本来ならば子宮に内膜が出来て、それが精子が着床しなかった場合に剥離して、出血して体外に排出されていき、また新しく増殖を繰り返す仕組みになっていますが、子宮以外の場所に内膜が出来ると体外に排出されないけれども同じように増殖と剥離をしていきます。
その結果、血液は体内に蓄積されて、しかも子宮内膜が子宮以外の場所に流れ込むようになり、身体に異変が生じるようになるわけです。
また、子宮以外の場所に出来た子宮内膜の細胞が子宮内膜のように組織変化する時もあるそうです。

子宮内膜症は少しずつ進行する病気で、重症になると不妊症になる可能性が指摘されています。
そのため、早期発見して、早期治療をするように心がけましょう。
しかし、現状としては子宮内膜症は治療して一時的に治っても再び再発する可能性が高いと言われています。
そのため、一度子宮内膜症になった事のある人は定期的に検査を受けましょう。
子宮内膜症の検査方法は問診の他、血液検査、超音波などを使い、CTも用いて検査します。
子宮内膜症になった時の治療法としては、薬物治療とホルモン療法、手術治療に大きく分かれています。
手術をしない場合には月経を一時的にストップさせて子宮が正常な働きになるまで経過を観察する方法ですが、一時的に治っても再発する可能性があるそうです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性特有の病気の検査......
子宮内膜症とは何か
近年、女性特有の病気の罹患率が高まっているため、多くの人が関心を寄せるようになっ......
子宮内膜症の早期発見
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性にしかならない病......
子宮内膜症と生理
女性特有の病気がメディアなどで取り上げられるようになってから、多くの人が女性特有......
子宮内膜症という病気
子宮内膜症という病名を耳にした事も多いかと思いますが、子宮内膜症は女性特有の病気......
子宮内膜症の検査
いろいろな病気がありますが、近年は女性特有の病気が注目されるようになってきました......
子宮内膜症と月経サイクル
子宮内膜症という病気は女性特有の病気の一つで、どのような病気かと言いますと、本来......

▲このページのトップへ