チョコレート嚢腫

女性特有の病気の罹患率が高まっていますが、原因についてはまだ解明されていないために予防は難しいと言われています。
女性特有の病気の中でも子宮筋腫や子宮内膜症は比較的に多く見られる病気で、治療方法もいろいろあります。
女性は定期的に検診を受けて、早期発見、早期治療を心がけましょう。
子宮筋腫も子宮内膜症も月経障害をもたらしますので、症状が非常に似ている事が多いそうです。
子宮筋腫は子宮に腫瘍が出来るもので、子宮内膜症は子宮以外の場所に内膜が出来るものですが、双方とも月経障害が生じる上、初期段階ではほとんど無症状で気が付かない事が多いので定期健診で見つかる事が多いそうです。
子宮内膜症の中でもチョコレート嚢腫という種類の子宮内膜症がありますが、これはチョコレートに似ている色だから付けられた名前で、子宮内膜が子宮ではなく、卵巣に出来た時に生じるものです。

チョコレート嚢腫は子宮内膜症の一つで、従来ならば子宮の内部に出来る内膜が卵巣に出来て、本来は月経の時に血液と共に体外に排出されるものが体内に蓄積されていくために出来る病気です。
体外に排出されなかった子宮内膜は治療をしない限り、蓄積されていきます。
この子宮内膜は卵巣に出来て、出血をした時に血液が卵巣に蓄積され、その血液が古くなった時にチョコレートのような色になるのです。
チョコレート嚢腫は初期症状がほとんどなく、気が付かない人が多い事で知られています。
そして、放置すると、そのまま卵巣が腫れて痛みを伴ったり、月経障害が生じたりするようになります。
さらに放置すると卵巣は膨れ上がり、こぶしほどの大きさにまで腫れる事もあります。
そうなりますと、腹部に膨らみが出ますので、見た目でもわかるようになります。
不妊症の原因になりますので早期治療をしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症と不妊症
いろいろな病気がありますが、女性特有の病気というのは症状がはっきりしていない場......
子宮内膜症と子宮筋腫
近年、女性の間で女性特有の病気に対する関心が高まっており、多くの女性が何かしらの......
子宮内膜症とストレス
近年女性特有の病気の罹患率が高まっており、原因ははっきりしないのですが、推測によ......

▲このページのトップへ