子宮内膜症と月経サイクル

子宮内膜症という病気は女性特有の病気の一つで、どのような病気かと言いますと、本来ならば子宮に出来る内膜が子宮以外の場所に出来てしまう病気です。
子宮の内膜は増殖と剥離を繰り返し、月経の時に血液と共に外部に排出されていく仕組みになっています。
子宮内膜は受精した時の着床になっていますが、子宮内膜症になると、子宮以外の場所に内膜が出来てしまうため、内膜が増殖し、それが体外に排出されないので、蓄積されていきます。
内膜は子宮の中で増殖と剥離を繰り返して、出血して体外に出てしまいます。
子宮内膜症の病気の初期はほとんど症状が現れず気が付かない病気ですが、病気が進行するにつれて、卵巣が腫れるようになり、月経時に異常が生じたり、月経痛がひどくなったりします。
内膜症はいろいろな場所に出来る可能性があり、多くの場合は卵巣に出来るそうです。
そして、卵巣が圧迫されて卵管が詰まるようになると、排卵が難しくなり、不妊症の原因になるわけです。

子宮内膜は通常、月経のサイクルに合わせて増殖していきますが、子宮内膜が他の部位に出来た時には子宮以外の部位で増殖をしますので、それが蓄積されて子宮内膜症になるわけです。
また、卵巣以外の場所でも稀に肺や腸に出来る時があります。
子宮内膜症は、出来た場所によって不妊症の原因になりますが、治療をする事で再び妊娠が出来るようになれるのですが、子宮内膜症を放置すると、少しずつ進行して重症になる事もありますので注意しましょう。
子宮内膜症は自然に治癒しないので、病気に気が付いたら医師に相談して自分にとって適切な治療法で治療をしましょう。
毎年の定期健診で女性特有の病気の検査も受けて、早期発見、早期治療をするようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性特有の病気の検査......
子宮内膜症とは何か
近年、女性特有の病気の罹患率が高まっているため、多くの人が関心を寄せるようになっ......
子宮内膜症の早期発見
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性にしかならない病......
子宮内膜症と生理
女性特有の病気がメディアなどで取り上げられるようになってから、多くの人が女性特有......
子宮内膜症という病気
子宮内膜症という病名を耳にした事も多いかと思いますが、子宮内膜症は女性特有の病気......
子宮内膜症の検査
いろいろな病気がありますが、近年は女性特有の病気が注目されるようになってきました......
子宮内膜症の検査方法
子宮内膜症という病気がありますが、これは子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、多く......

▲このページのトップへ