子宮内膜症という病気

子宮内膜症という病名を耳にした事も多いかと思いますが、子宮内膜症は女性特有の病気の一つで罹患率の高い病気です。
子宮内膜症は従来ならば子宮に出来る内膜が他の場所に出来てしまう病気ですが、子宮内膜は増殖と剥離を繰り返し、毎月の月経の時には体外に排出されていくものですが、子宮以外の場所に出来た場合には同じように増殖と剥離を繰り返されていきますが、体外に排出されずに、体内に蓄積されていくわけです。
それが血の塊のようなものになっていき、炎症を起こすようになったり、卵管が詰まる原因になったりします。
子宮内膜というのは妊娠した場合に精子が着床する場所ですが、それが子宮以外の場所に出来てしまうと病気になるわけです。
子宮内膜症は出来た場所によって症状が違いますが、不妊症の原因になる事もありますので、放置せずに治療を受けた方が良いでしょう。
子宮内膜症は初期では症状が出ない事が多いので、早期発見は難しいと言われていますが、少しずつ症状が出てきた時には月経障害から始まる事が多いそうです。

例えば、月経不順になったり、月経痛がひどくなったり、月経以外の時でも腹痛や腰痛などがするようになったりします。
そして、場合によっては不正出血になったり、腹部に違和感を感じたりするようになります。
子宮内膜症になる原因ははっきりわからないのですが、子宮筋腫と同じように女性ホルモンと関係するのではないかと推測されています。
そして、近年は子宮内膜症の患者が増えている原因もはっきりしないのですが、ストレスなども原因の一つなのではないかと言われています。
或いは妊娠や出産を経験していない女性に多く見られるために、何だかの原因で妊娠と出産を経験しない女性が子宮内膜症になるのではないかと言われています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性特有の病気の検査......
子宮内膜症とは何か
近年、女性特有の病気の罹患率が高まっているため、多くの人が関心を寄せるようになっ......
子宮内膜症の早期発見
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性にしかならない病......
子宮内膜症と生理
女性特有の病気がメディアなどで取り上げられるようになってから、多くの人が女性特有......
子宮内膜症の検査
いろいろな病気がありますが、近年は女性特有の病気が注目されるようになってきました......
子宮内膜症と月経サイクル
子宮内膜症という病気は女性特有の病気の一つで、どのような病気かと言いますと、本来......
子宮内膜症の検査方法
子宮内膜症という病気がありますが、これは子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、多く......

▲このページのトップへ