子宮内膜症と生理

女性特有の病気がメディアなどで取り上げられるようになってから、多くの人が女性特有の病気に関する知識を持つようになってきました。
そして、今までは婦人科を受診する事に抵抗を感じていた女性でも定期健診を受けて女性特有の病気の検査をするようになってきたのではないでしょうか。
女性だけがなる病気はいろいろありますが、その中でも近年注目されているのが乳がんや子宮関連の病気だと言えるでしょう。
子宮関連の病気の中でも子宮筋腫や子宮内膜症はよく見られる病気で、いずれも月経障害が生じる可能性が高いので、生理痛が異常だったり、生理不順になったりなどの月経時の障害が生じた時には婦人科を受診するようになりましょう。
子宮内膜症の場合は不妊の可能性を高めますので、なかなか妊娠できない女性は念のために子宮内膜症の検査を受けてみましょう。
子宮内膜症は子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、子宮の内膜というのは通常、子宮の中に内膜が出来て、妊娠をしない限りは毎月の月経で剥離して体外に排出されていくものですが、

子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に内膜が出来るため、自然に体外に排出される事がないけれども増殖を繰り返していく病気です。
内膜が出来る場所には個人差がありますが、ほとんどの場合は卵巣に出来るそうです。
この他にも子宮の表面や卵管に出来る時もあります。
また、稀には直腸や肺などに出来てしまう時もあります。
内膜の出来た場所で子宮内膜は毎月増殖と剥離しますので、それが蓄積されていきます。
子宮内膜症は初期症状がほとんどなく、内膜が蓄積されていきますと、月経痛などが生じるようになります。
また、月経以外の時の腹痛や腰痛などが生じる場合もありますし、腹部の違和感が出る時もあります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性特有の病気の検査......
子宮内膜症とは何か
近年、女性特有の病気の罹患率が高まっているため、多くの人が関心を寄せるようになっ......
子宮内膜症の早期発見
近年、女性特有の病気が注目されるようになってから、多くの人が女性にしかならない病......
子宮内膜症という病気
子宮内膜症という病名を耳にした事も多いかと思いますが、子宮内膜症は女性特有の病気......
子宮内膜症の検査
いろいろな病気がありますが、近年は女性特有の病気が注目されるようになってきました......
子宮内膜症と月経サイクル
子宮内膜症という病気は女性特有の病気の一つで、どのような病気かと言いますと、本来......
子宮内膜症の検査方法
子宮内膜症という病気がありますが、これは子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、多く......

▲このページのトップへ