子宮内膜症と不妊症


いろいろな病気がありますが、女性特有の病気というのは症状がはっきりしていない場合が多いので見つかりにくいのだと言われています。
女性の中にはなかなか妊娠ができず検査を受けてみたら女性特有の病気だったという事も珍しくないそうです。
女性特有の病気の中でも子宮筋腫と子宮内膜症はよく見られる病気で、子宮筋腫は子宮に腫瘍が出来る病気ですが、多くの場合は良性のもので経過を観察して必要な時に手術などをする事が多いそうです。
そして、子宮内膜症は子宮筋腫の合併症としてもよく見られる病気で、不妊症の原因である場合が多いそうです。
子宮内膜症は子宮以外の場所に内膜が出来る病気で、多くの場合は卵巣に内膜が出来て、通常ならば内膜は月経時に体外に排出されていきますが、卵巣などに内膜が出来るとそのまま蓄積されて、それが病気の元になるわけです。

例えば、チョコレート嚢腫もありますが、チョコレート嚢腫は卵巣に内膜が出来て、どんどん血液が蓄積されて卵巣に悪影響を及ぼし、排卵に障害をもたらすようになるわけです。
子宮内膜が蓄積されますと、精子の着床に障害が生じますし、卵管が詰まるとスムーズに排卵できないために不妊の原因になります。
この子宮内膜症で内膜が出来る場所はさまざまで、ほとんどの場合は卵巣に出来るのですが、稀に他の器官に出来る事もあります。
これから妊娠を望む人ならば定期健診の時に女性特有の病気の検査もするようにしましょう。
そして、子宮内膜症の疑いがある時には検査を受けて、子宮内膜症になった場合でもいろいろな治療法がありますので、医師とよく相談した上で治療を受けましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮内膜症と子宮筋腫
近年、女性の間で女性特有の病気に対する関心が高まっており、多くの女性が何かしらの......
子宮内膜症とストレス
近年女性特有の病気の罹患率が高まっており、原因ははっきりしないのですが、推測によ......
チョコレート嚢腫
女性特有の病気の罹患率が高まっていますが、原因についてはまだ解明されていないため......

▲このページのトップへ